Home > はじめに > 公式の新作タイトルが「龍が如く7」であることについて

公式の新作タイトルが「龍が如く7」であることについて

公式の新作タイトルが「龍が如く7」であることについて



龍が如くスタジオが出す新作ゲームのタイトルが「龍が如く7」だと知った時、

私はショックを受けました。




(いや、「こっちの脚本が論理的に「7」じゃなくなった!」という個人的事情はここでは置いとくとしてw)





「主人公が変わる」ということは、「龍が如くシリーズ」内の「新作」であるわけなので、

当然ながら新主人公は新タイトル(看板)を貰えるもの……と、完全に思い込んでいたからです。




ところが、主人公が変わってもなお、


タイトルが「龍が如く」のナンバリングのままである……。


これがどういうことかというと、




「龍が如く」は桐生一馬の物語ではなく、言わば「龍が如くサーガ」であった

つまり桐生一馬は別格の主人公ではなく、期間限定のメイン主人公に過ぎなかった



ということなのです。






これヘコまずにいられますか(TへT)

いい歳じゃなかったらリアルに泣いてましたよ(TへT)






私は基本的には真島の兄さん派なんですが、


人気投票で兄さんが1位で喜んでいられたのは「主人公に勝った!」とかじゃなくて、




「桐生ちゃんは別格! 特別!」

「だから人気投票に参加しなくてもいいよ! 別格で1位だから!」




という思いが確固としてあったからなんですよ。


それくらい、桐生ちゃんを大事に思ってたんですよ。




なのに……

まさか、別格じゃなかったなんて……


「主人公」という特別枠で守られた存在じゃなかったなんて……






ごめんよ桐生ちゃん。・゚・(ノД`)・゚・。

知らなかったんだよマジで。・゚・(ノД`)・゚・。


知ってたらもっと大事にしてたよ。・゚・(ノД`)・゚・。






しかも、「龍が如くサーガ」となった結果、


春日一番は「期間限定のメイン主人公」というデビューを飾ることに……。


いくら何でもかわいそうすぎる(TへT)






春日一番が「龍が如くシリーズ」を継承すること、


これ自体は全然かまわないんですよ。


でも、だからこそ看板(タイトル)は、


それぞれに単体のを持たせてやってほしいんですよ。


「主人公は別格」って、そういうことだと思うんですよ。


「龍が如く4」「5」「OF THE END」「0」が


複数主人公制でも特に批判がなく、


むしろ面白い手法だとして受け入れられたのは、




「だって桐生ちゃんは別格だから」




この思いが、万人に共通していた証だと思うのです。






ゲームシステムが変わっても構いません。


物語の舞台が変わっても、主人公さえ変わっても構いません。


神=名越氏が明言されているとおり、


もしシステムを元に戻したくなったら、次回作で戻せます。


物語の舞台も変えられます。


何なら主人公をすげ替えることすら可能です。




しかし、春日一番が「7」というナンバリングの主人公である限り、

「龍が如くは桐生一馬の物語ではなく、龍が如くサーガである」という事実は消えません。


次回作で変えることもできません。




桐生一馬は単体の看板を背負った主人公ではなかった



この烙印は、未来永劫消えないのです。











と、ここまで悲観的なことを書いてきましたが……






ところで、皆さん。

今後ですよ、もし、ホントにもし、


いきなり公式ページで、新作のタイトルが




「龍が如くⅡ 光と闇の行方」



になってたら、どう思います?






絶対に怒りませんよね?

て言うか、むしろホッとしません?


「よかった! せめてもの救いだ!」


「新シリーズとしてなら、心おきなく楽しめる!」


ってなりません?




これね、ガチであるんじゃないかと思うんですよ。




今、巷ではナンバリングについて



拒否派 「桐生一馬じゃないナンバリングなんかありえない!」


我慢派 「ナンバリングにされたくなかったけど、しょうがないか……」


無関心 「ナンバリングとかそういうのどうでもいい」




この3つしか意見がないんですよ。


つまり、「新作がナンバリングであること」で、


得している人間が誰もいないのです。


そしておそらく、公式も当然、そのことは想定していたと思うのです。




ただ、

「主人公を変えよう」


「ゲームシステムを変えよう」


となったら当然、とあるどこかから、


「でも、それじゃ、誰も食いつかないんじゃないのか?」


「そんなゲームに制作のゴーサインは出せないよ!」


と物言いがつくわけです。


そりゃそうですよ。




そこで、侃々諤々の話し合いがあった結果、

とある「天啓」があったのではないか……






「最初は「龍が如くのナンバリングです」と発表しよう!」

「そしたら注目されるし、話題沸騰だ!」


「その後でタイトルを変えても、何の問題もない!」






……これ、あると思いません?

要は、販売戦略ではなかろうか――と思うのです。






だって、そりゃもう見事に話題沸騰しまくったわけですよ。


で、この後、シレッと「ナンバリングじゃないです」宣言をすれば、


「こんなのナンバリングじゃない!」
という理由で拒否派の急先鋒だった人々が

「それなら良し! ゲームとしては面白そうだし!」
と引き返してくるわけですよ。





これ、めっちゃ上手い戦略じゃないですか!?

いや、ズルいっちゃズルいけど!


でも、いい作品が




「ナンバリングじゃないという理由だけで見過ごされる」




という事態を回避するための販売戦略だったということなら、


龍が如くユーザーは笑って受け入れるじゃないですか。


龍が如くユーザーってそういう器を持ってるじゃないですか。






だから私は、まだ信じているのです。


新作タイトルが「龍が如く7」ではない――という可能性を。









いや、だって!

「龍が如く7 光と闇の行方」の北米版・欧州版のタイトルが




「LIKE A DRAGON」



っていう新タイトルなんですよ!?


サブタイトルに「YAKUZA」(「龍が如く」の英語タイトル)


小さく付いてる状態なんですよ!?






北米版・欧州版では「春日一番の新作」として出して、


桐生ちゃんもイチも「別格」として扱ってあげるのに、


日本国内では「龍が如くサーガ」として出して、


桐生ちゃんもイチも「期間限定のメイン主人公」にしちゃうとか……






あります!?


絶対ないでしょ!!






だから、私は信じています。

いずれ、正式発表が来ることを……






て言うか来い!!www





ブログ更新情報
ブログ一覧